スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュトーレン

今年、クリスマスの食べ物でよくみかけるものがあります。

《シュトーレン》

という、長さ20cm・高さ5cm・幅10cmほどの楕円形のパンで、表面には

粉砂糖が振りかけられた、見た目硬そうなパンです。

パンとパウンドケーキの中間のような感じです。

中には洋酒漬けのドライフルーツがたっぷり入っています。

このシュトーレンはドイツのクリスマス時期にしか作らない、伝統的な

パンです。

一言でシュトーレンといっても、本場ドイツには7種あります。


・Weihnachtstollen(ヴァイナハトシュトーレン)
      ※Weinacht=クリスマスの意味
・Adventsstollen(アドベンツシュトーレン)
     脱脂粉乳を使い、牛乳を使用しないで作るもの。
      ※Advents=降誕節
・Christstollen(クリストシュトーレン) 
・Quarkstollen(クアルクシュトーレン)
     カッテージチーズを使用して作る。
・Nussstollen(ヌスシュチョーレン)
     くるみなど木の実のフィリングを使用して作る。
・Mandelstollen(マンデルシュトーレン)
     アーモンド・マジパンを使用して作る。 
・Mohnstollen(モーンシュトーレン)
     ケシの実フィリングを使用して作る。



11月下旬に作り、12月に入ってから毎日曜日1cmほどに薄く

スライスして食べ、24日イブに最後の1切れを食べて、次の日クリスマスを

迎えるという行事食です。

だから、クリスマスイブとかに買っても、実はあまり意味がないんです…

購入をお考えなら、今、今!買ってくださいね。



料理関係blogサイトに参加してます♪
ぜひ、下のロゴのクリックお願いします<(_ _)>


人気ブログランキング

にほんブログ村 料理ブログへ

レシピブログ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://golfist.blog25.fc2.com/tb.php/62-6e80d1ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。