スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニョッキ

今日の昼ごはん。

これもパートナーが作ってくれたもの。

料理をするのが大好きで、料理に関しては先輩で、見てるだけでも

勉強になります。

だから、そのときは私は裏方に徹することにしてます。



一品目は「じゃがいものニョッキ 3種のチーズのソース」。

ジャガイモニョッキ


ニョッキとは、ローマ時代から作られている、イタリア家庭料理の定番。

ジャガイモやかぼちゃなどでんぷん質を多く含むものに、小麦粉や

セモリナ粉を混ぜてつくる、モチモチした食べ物。

 *ニョッキの基本材料*
 ・じゃがいも 40g×5個くらい
 ・薄力粉   70gくらい(ふるいにかけておく)
 ・卵黄    2個分
 ・塩
 
  1.じゃがいもは皮ごと茹でる。カットしてから茹でると
    うまみが逃げてしまうので、おすすめしません。
    電子レンジでもOK
  2.茹で上がったら皮をむいて裏ごしし、ボールに入れて
    常温まで冷ます
  3.冷めたら卵黄をくわえて混ぜ、薄力粉と塩を加えて
    ねちょっとするまでしっかりこねる。
    こねたらラップにくるんで常温で20分ほど寝かせる。
  4.ソースの準備にあわせて湯がく。浮いてきたら、3分
    ほど茹でて完成。

シンプルなものなので、どんなソースでも合うと思います。

今日のソースは「ブルーチーズ」「ゴーダチーズ」「パルメザンチーズ」

の3種類と生クリームで作ったソース。

バターを香ばしく少し焦がして、そこに生クリームとチーズを加えて

作るソース。

ブルーチーズは塩分を多く含むので、塩は使いません。



それに添えて。。。

鴨の炭火焼


「鴨肉の炭火焼き 塩おろしソース」。

炭火で表面をしっかりあぶり、中が生の状態でホイルに包んで寝かせます。

そうすると、余熱でゆっくり火が入り、肉汁もおちついてきて、

中がローズ色に仕上がります。

今日はそれに大根おろし+肉汁+塩で作ったシンプルなソース。

さっぱりしているのに、鴨のコクがあり、とてもおいしいソースでした。




HPで京都ごばんざいDish自家製の京風和石鹸をお取扱できるようになりました。

詳細はHPへ↓↓

京都ごばんざいDishホームページへ>>



料理関係blogサイトに参加してます♪
ぜひ、クリックお願いします<(_ _)>


人気ブログランキング>>

にほんブログ村 料理ブログへ>>

レシピブログ>>


スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://golfist.blog25.fc2.com/tb.php/141-38ae5c62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。