スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒胡麻坦々麺

黒胡麻担担麺


またまた遊んじゃいました。

坦々麺は、肉味噌と白胡麻でするのが一般的です。

ですが京ごばでは黒胡麻でやってみました

みためは黒々しいのですが、白胡麻とは違い独特のコクがあり

なかなかいけるものでした。

(名前の由来)

その昔、中国・四川省の成都で、売り子が路地を練り歩きながら、片方

に麺と具材を

もう片方に食器や調味料をいれた鍋を天秤棒にぶらさげて、

肩に担いで(かついで)そばを売り歩いた事からきてるみたいですよ。


【作り方】

合い挽きミンチを炒めて甜麺醤(テンメンジャン)で味付けし

肉味噌を作り

黒胡麻をすり鉢でよくすりペースト状になったなサラダ油を加えて

黒胡麻ペーストを完成させる。

今回は本格的に白湯(バイタン)と言い中華の豚骨スープ

を作りましたが、市販の豚骨スープで十分美味しいです。

中華麺を茹でます、器に黒胡麻ペースト、醤油、ラー油、ごま油、

スープをいれ、

麺を加え、肉味噌をのせ出来上がり。

お好みで、チンゲン菜やザー菜、白髪葱など付け加えるとより

豪華で美味しくいただけます!




手作り市で販売したオイル・ビネガー・お茶・石鹸を、HPで
お取扱できます。

詳細・お問い合わせは「京都ごばんざいHP」へ↓↓

京都ごばんざいDishホームページへ>>



料理関係blogサイトに参加してます♪
ぜひ、クリックお願いします<(_ _)>


人気ブログランキング>>

にほんブログ村 料理ブログへ>>

レシピブログ>>


スポンサーサイト

スッポンの酸辛湯

最近は料理に遊び心を取り入れ、ユニークかつ健康を考えた料理を

作っています。

今回もまたまたコラボレーションです。

皆さんは中国料理の酸辛湯(サーランタン)と言うスープをご存知です

か?

酸辛湯とは、スッパイ、辛いスープと言う意味です。

すっぽんの酸辛湯


この酸辛湯はあまりなじみのない食材でスッポンです

日本では古くからスッポンには滋養強壮の働きがあると言われてます

酸味は疲れを和らげ、辛味は体を温めるからなんともお得な

スープです!


【作り方】

鶏がらスープに大根やキノコなどを入れ、酢、ラー油、コショウ、塩

で味付けします。味がととのったら今回はスッポンを入れ火を通し

仕上げに溶き卵を流し入れて水溶き片栗粉でとろみ付けして出来上がり


今回はスッポンでしたが、鶏肉や海老などでも美味しいですし

寒い季節ではとろみをきつくすると冷めにくいし

暑い季節はとろみを付けないサラっとするといただきやすいです。

皆さんも色々アレンジしてみて下さい!




手作り市で販売したオイル・ビネガー・お茶・石鹸を、HPで
お取扱できます。

詳細・お問い合わせは「京都ごばんざいHP」へ↓↓

京都ごばんざいDishホームページへ>>



料理関係blogサイトに参加してます♪
ぜひ、クリックお願いします<(_ _)>


人気ブログランキング>>

にほんブログ村 料理ブログへ>>

レシピブログ>>


マグロのたたき丼

マグロ丼


鉄火丼やネギトロ丼はよく聞きますが・・・

それでは面白くないので、今回も遊び心を取り入れて

カツオのタタキとマグロの漬けをコラボしちゃいました。

作り方はいたって簡単!!

マグロを網の上に載せてコンロの直火で香ばしく焼き

(レアに焼くため火は全開の強火)醤油に30分位漬けておく。

その間に大葉やワサビなどお好きな薬味の準備して

漬けておいたマグロをカットしてご飯にのせ薬味を添えて

出来上がり!!!

PS ご飯を炊く時に昆布入れて炊くともっと美味しいですよ。




手作り市で販売したオイル・ビネガー・お茶・石鹸を、HPで
お取扱できます。

詳細・お問い合わせは「京都ごばんざいHP」へ↓↓

京都ごばんざいDishホームページへ>>



料理関係blogサイトに参加してます♪
ぜひ、クリックお願いします<(_ _)>


人気ブログランキング>>

にほんブログ村 料理ブログへ>>

レシピブログ>>


イカ墨スパゲティーニ

いかすみ


甲イカ、別名スミイカといいイカの中でも一番大きい、墨袋を

持っています。

だから今回も素材をいかす料理にしちゃいました。

作り方は、イカの墨袋を破かないように取り出し、袋をしごき

ボールなどにとっておく。(墨が服などに付くと洗っても取れない

ので注意しましょう)

フライパン(鍋でもOK)でニンニクのみじん切りを炒めて、

香りが出てきたら、ざく切りしたトマト(缶詰)を入れ

取っておいた墨を加えて少し煮込み、塩 コショウで味つけし

茹でたスパゲティーニをからめて出来上がり。




手作り市で販売したオイル・ビネガー・お茶・石鹸を、HPで
お取扱できます。

詳細・お問い合わせは「京都ごばんざいHP」へ↓↓

京都ごばんざいDishホームページへ>>



料理関係blogサイトに参加してます♪
ぜひ、クリックお願いします<(_ _)>


人気ブログランキング>>

にほんブログ村 料理ブログへ>>

レシピブログ>>



キャベツ畑

キャベツファルファーレ


今回は、キャベツが甘く美味しくなってきたので

キャベツを使ったパスタを紹介します。


写真のパスタは、ファルファーレといい、蝶の形をした

ショートパスタ。

ファルファーレは、中心部分と外側ではパスタの厚さが異なるため、

ゆで具合が難しいです。でもゆでると、中心部分が堅めに、そして

外側部分は柔らかくなるので、その違いを楽しむことができます。

見た目が可愛いので、食卓を華やかにするにはぴったりのパスタ

だと思います。


実は今回、キャベツとファルファーレを組み合わせたのは訳が

あります。

皆さんはキャベツ畑はどんなイメージをされますか?

私は、キャベツ畑には蝶がたくさん飛んでいるイメージです。

だから今回はそのイメージをいかしてキャベツ畑を表現しました。






手作り市で販売したオイル・ビネガー・お茶・石鹸を、HPで
お取扱できます。

詳細・お問い合わせは「京都ごばんざいHP」へ↓↓

京都ごばんざいDishホームページへ>>



料理関係blogサイトに参加してます♪
ぜひ、クリックお願いします<(_ _)>


人気ブログランキング>>

にほんブログ村 料理ブログへ>>

レシピブログ>>



船場汁

船場汁


鯛やはまぐりの潮汁(うしおじる)は有名ですが、

この“船場汁”はご存知でしょうか。


船場汁は塩さばのアラと大根を使って作る、とってもシンプルな

お澄まし仕立ての汁物です。

生まれは大阪の船場。今でこそ、ちょっと寂しくなってしまった

部分もありますが、もともと商人の町でした。

昔の商家では、さばのアラに塩をふって一晩おき、翌日に大根と

ともに潮汁にしました。

風味のある、美味しいだしの出るアラを無駄なく上手に使うところ

が、なんとも大阪商人の才覚らしい料理です。


作り方はほぼ書いたとおり。

さっと熱湯をかけた塩さばアラを熱湯に入れて煮出し、そこに短冊

切りや拍子木切りに切った大根を入れて柔らかくなるまで煮ます。

味見をして、塩が足りなければ加えて完成です。




手作り市で販売したオイル・ビネガー・お茶・石鹸を、HPで
お取扱できます。

詳細・お問い合わせは「京都ごばんざいHP」へ↓↓

京都ごばんざいDishホームページへ>>



料理関係blogサイトに参加してます♪
ぜひ、クリックお願いします<(_ _)>


人気ブログランキング>>

にほんブログ村 料理ブログへ>>

レシピブログ>>




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。